無光触媒「エコキメラ」新成分「リン酸チタニア」が実現する常識を超えた触媒技術!

エコキメラ3つの効果!

エコキメラ3つの効果!

長期間にわたり効果が持続。

しかも無光触媒なので24時間効果発揮!

無光触媒とは?

無光触媒とは?無光触媒「エコキメラ」

リン酸、チタン酸、シリカからなる無機酸オリゴマーの縮合体被膜で、光エネルギーを全く必要とせず、室内での抗菌・抗ウイルス・消臭24時間働き続ける触媒で、効果効能は365日持続します。
さらに10ナノ前後の細かい粒子で、水又はアルコールの中に分散しており無色透明ですので基本的に施工場所を選びません

多くの特許や各試験センターで様々なエビデンスを取得済みで、人・環境にやさしく、安全性の高い商品です。

新成分「リン酸チタニア」の驚くべき効果とは

「リン酸チタニア」は太陽光(紫外線)照射によって効果を発揮する光触媒二酸化チタンを出発原料としています。それをリン酸と反応させたことで、光を全く必要せず暗所でも抗菌・抗ウイルス・消臭・防汚・防カビなど様々な効能を発揮させることができます。

無光触媒「エコキメラ」と光触媒との比較

無光触媒エコキメラ光触媒
主成分リン酸チタニア二酸化チタン
紫外線照射不必要 必要
有機バインダー不使用 使用
密着性・膜硬度強固・硬度6H以上軟弱・硬度4H
液の透明性高い(粒子口径10㌨前後)やや白色 (粒子口径30~50㌨前後)
ガラス透過度(ブランク:90.3%)90.3%89.3%
経時変化高い耐久性バインダーと素材が劣化
駅の保存性安定長期保存は困難
施工方法専用ガンで簡単施工低圧ガンのため熟練度が必要
施工効率基本養生なしで高効率硝子等への養生が必要
活性化メカニズムH²O²酸化還元光励起

エコキメラ3つの効果を詳しく解説!

抗ウイルス効果のエビデンス

SIAA アンチウイルス

ウイルスはアルコール消毒が有効と言われているタンパク質の殻を持っている「エンベロープウイルス」と殻の無い「ノンエンベロープウイルス」の2種類があると言われています。
近年、ウイルス対策が重要となってきた中、「エコキメラ」はこの2種類に対してエビデンスを取得している商品になります。

抗ウイルス効果のエビデンス

抗菌効果のエビデンス

SIAA 抗菌

専用のスプレーガンで施工した後、48時間乾燥させることによって施工面に生活空間に生存する菌が接触することで、菌の増殖を阻止し減少する効果が期待できます。
「エコキメラ」は試験センターで抗菌に関する様々なエビデンスを取得しています。

抗菌効果のエビデンス

消臭効果のエビデンス

生ごみや煙草等の生活臭やトイレ・ペットの臭いなどのアンモニア臭、ホルムアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物)のシックハウス、シックスクールの原因物質の臭いを分解・浄化して、嫌な臭いをなくします
また、光の届かない暗所であっても24時間・365日作用し続けます。

消臭効果のエビデンス

図解!抗菌性能・消臭性能のメカニズム

リン酸チタニアは、専用スプレーガンで噴霧塗布し乾燥すると、活性炭と同様の比表面積持ち高い吸収性を形成しメソポーラスの高機能多孔体組織が形成されます。 同時に空気中水分のイオン化により、水酸化イオン(OH-)が生成され水酸化ラジカル(・OH)が発生し、空気の流れによって吸着することで臭気成分の分解効果菌の増殖の抑制効果ウイルスの数の減少効果持続的に発現するものと考えられています。

図解!抗菌性能・消臭性能のメカニズム

※ イメージ画像です。

第三者機関の認証を取得

SIAA(抗菌製品技術協議会)

SIAA(抗菌製品技術協議会)

「エコキメラ」はSIAA(抗菌製品技術協議会)に液体として第三機関に認証を取得しています。

SEK(繊維評価技術協議会)

SEK(繊維評価技術協議会)

「エコキメラ」はSEK(繊維評価技術協議会)にエコキメラSRW-30を加工したマスクで認証取得しております。

こんな場所で効果を発揮する無光触媒「エコキメラ」

「エコキメラ」は、完全無機質の「リン酸チタニア」の10㌨前後の細かい粒子で無色透明な液体ですので、噴霧塗布した素材に密着し、施工面(基材)の選ばず様々な場所へ施工可能です。

無光触媒エコキメラについてのお問い合わせはコチラ

お気軽にご連絡ください。